忍者ブログ

kurAmAのアストラルフロウ

WILLCOM製W-ZERO3のこととか FF11のこととか MortScriptのこととか ガンプラのこととか いつもつかっているリンクのメモ用とか。 大した内容ないけどリンクフリー、トラックバックフリー(´∀`)
09 2018/10 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 11

10.16.19:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.25.17:33

W-ZERO3[es]へのttmailのインストール(tmail+ttmail+QMAIL3によるメール自動受信環境設定その3)

ttmailは、常駐させることでWILLCOMからのウィルコムメール受取り通知を監視して、任意のアプリケーションを起動するもの。

ttmailのインストールと起動

  1. ここからダウンロードして任意の場所に保存する。俺は本体の[\Program Files\local\ttmai]に解凍。
  2. 設定はttmail.iniを直接編集するか簡易ini編集ツールSetting.exeを起動して行う。
    • 内部ログは必要ないので記録はしない
      ; 内部動作ログを記録する [0:記録しない、1~5:記録する]
      LogLevel=0
    • 起動するプログラムにtmailを指定
      ; 起動する外部プログラムの位置
      Path=\Program Files\local\tmail\STMail.exe
  3. 起動はttmail.exeをクリックするのみ。常駐させるため、ショートカットをスタートアップフォルダ[\windows\スタートアップ]に保存。

以上。
ttmailの設定は非常に簡単。これにより、W-ZERO3メールと使わずにWILLCOMメールをQMAIL3にて自動受信する環境の出来上がり。流れを簡単にまとめると以下になる。

  1. WILLCOMからメール受取りの通知がW-ZERO3[es]に来る
  2. ttmailがそれを感知してtmailを起動する
  3. tmailがアンテナLEDを青に点灯、本体バイブレーション、WAVを鳴らす
  4. tmailがQMAIL3を起動し、巡回ルート"pdx"を実行
  5. QMAIL3の巡回ルートが自動で起動し、メールサーバと送受信を行う
  6. QMAIL3がサーバ上のメールを削除する

こんな感じ。しかしこのままではQMAIL3でメールを受信した後、アンテナLEDが青く点灯したままになる。また、Today画面にEメール通知を表示していると件数が表示されたままになる。消すには以下の方法がある。

  1. tmailに"/ResetLED /ResetCount"というオプションを付けたショートカットを作成して、それを実行する
  2. Today画面のEメール受信通知をクリックしてW-ZERO3メールを起動&終了させる

これはスマートではない・・・。次の段階としてもっとスマートなメール環境を構築した。(と思ってたらonQMAIL3という新しいソフトが作成された。早速導入したよ。)

これらの環境がデフォルトでインストールしてあればWILLCOMもすげーんだけどなぁー。まぁユーザの好みにカスタマイズできるのがWindows Mobile端末の魅力なんけどね。DoCoMoやauに負けるな!WILLCOM!携帯電話としても遜色ない使用感のスマートフォンを目指せ!

ということで次回につづく・・・・・・。

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL